星読み方法

星読み方法について

自分のココロとカラダの取り扱い説明書

1ハウス7ハウス
これは、出生時間などまではっきりわかっているとかなり詳しくみられるところです。
1ハウスはまさに、生まれたての赤ちゃんが地球に生まれてうれしい!!みたいな感じです。
実際に星があったり、角度が広くとってあったりする場合は、このテーマ(自分自身)での学びが多い、
つまり、じぶんのことがあまりよくわからなかったり、うまく自分らしさが使えなくて
そこを人生をかけて学びに来ている、ということです。
7ハウスでは、持って生まれたものではなく、後天的に手に入れたもの。または、パートナーや他の人から与えられるもの。
なので、自分ではコントロールできないけど、なんだか手に入れられるものがわかります。

アセンダント、ディセンダント
こちらも、時分単位まで出生時間がわかっていないとはっきりしたことはわかりません。
アセンダントはこの地球に生まれた瞬間の度数になります。周りの人からはこんな風に見えている、だから、
そんな仕事をしているとうまくいく、みたいなことがわかります。
ディセンダントは

太陽
太陽はまさに自分自身であり、人生をどう生きていくか、というようなことがわかります。
他の星との関係(アスペクト)、どのハウスにあるか、どの位置にあるか(サビアンシンボル)などを観ます。


月も自分自身です。太陽が顕在意識ならば、月は潜在意識。どんなことに自分自身の気分や感情を左右されるかを表します。
こちらも、他の星との関係(アスペクト)、どのハウスにあるか、どの位置にあるか(サビアンシンボル)などを観ます。

6ハウス
ここでは自分の健康のこともわかります。
ここにどんな星があるのか、またはないのか。
このハウスにある星は他の星とどんなアスペクトをとっているのか、などをみます。

 

 

お金、仕事など

2ハウス、8ハウス

金星、

水星、

木星

10ハウス

 

人間関係、恋愛、結婚など

5、7、8ハウス

火星

金星

太陽

ルーラー

ドラゴンヘッド

 

 

あなたの課題、使命、天職は?

MC

ドラゴンヘッド

キロン

10ハウス

星読み適齢期

もちろん、占ってほしいときにみてもらえばいいのですが、
普段はご興味のない方でも意識しておくといいタイミングはあります。

ジュピターリターンとサターンリターンです。

木星は12年に1度、土星は29年に1度、あなたが生まれたときの位置に戻ってきます。
それは、その時から12年間、あるいは29年間の見直しをするのにちょうどよいのです。
木星は今後12年間の開運ポイントを、土星は今後29年間の人生についての見直しをする時期となります。

なので、

12歳、24歳36歳、48歳、60歳、72歳、84歳、、、

29歳、58歳、87歳。

この年の誕生日の前に占って、今後の役に立てていただければ、
と思います。
普段は、占星術には興味のない男性の方も上記のタイミングはぜひ一度
ご確認されてはと思います。

 

投稿日:2017年9月26日 更新日:

Copyright© 星読み , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.